辛い?それほんと?実際の工場バイト!

工場のバイトってどんなもの?

求人サイトでも多く見かける工場のアルバイト。でも工場のお仕事ってどんな事をするの?時給がいいけどキツいって本当?と様々な疑問が浮かびますよね。
工場とひとくくりに言っても職種は様々。食品工場、加工工場、部品製造、梱包等働く工場によって仕事内容はバラバラです。
ほとんどの工場での仕事は動き回る事が少なく同じ作業の繰り返しです。変化がないと言えばそれまでですが、その分正確さを求められるますし、毎日同じ仕事をコツコツできるタイプの人には相性がいいでしょう。
1日中同じ場所で立ち仕事なので最初は足がパンパンになる事もありますが慣れてしまえばそれ程苦にならないでしょう。足腰に不安がある人は最初にしっかりと業務内容を確認しておきましょう。

工場ではどんな人が働いているの?

工場ではアルバイトの方が多く働いています。求人サイト等に掲載している大きな工場の場合多くは正社員が少なくアルバイトがメイン。年代は様々で学生から主婦、年配の方まで幅広く、男性が多いイメージがありますが意外に女性も多いんです。
夜勤がある工場では昼間はまったく別の職種で正社員として働いているダブルワークで来ている人もいます。沢山の人が働く工場では様々な人が働いています。特段寡黙な人が多い訳でもなく、休憩時間には楽しくお喋りしていたり。
単純作業でも正確さの必要な工場での仕事。中にはチームワークやコミュニケーションが必要な事もあります。「辛い」「しんどい」イメージがある工場バイトですが慣れてしまえば作業も能率的に進められ、お給料もしっかり貰えるアルバイトです。