業種別!工場バイトのメリット、デメリット!

工場のバイトのいい場面

工場のバイトのいいところは、業種によって異なります。大手の製造メーカーであれば福利厚生が充実していることです。遠方から出稼ぎという形でも対応できるように、寮を提供してくれます。家具家電付きや食事のサポートなど企業によってさらに手厚い対応があります。組み立てや検査といったラインで生産する場合は手当が豊富です。休日出勤や残業や夜勤手当などがあります。皆勤した場合は特別な手当てをあたえてくれる企業があります。また、ライン作業であれば、だれでもできるように標準化されていますので初心者でも対応がしやすいですし、仕事に慣れやすい環境が整っています。研修や先輩社員から教えてもらえるなどカリキュラムがしっかりとしています。

工場のバイトの懸念される点

工場のバイトにも懸念される点があります。まずは、量産をする生産職種では受注によって負荷が変動しますので忙しいときとそうでないときの負荷の変動があるため手取りがばらつきます。さらに、忙しいときは休日出勤や残業が多く発生しますので、余暇がとりにくく、ワークライフバランスが保ちにくいです。また、手先を集中して使ったり、同じ作業を繰り返さなければなりませんので個人の体質によっては厳しい環境になる可能性があります。立ち仕事が継続したり、小さな部品を凝視して疲れ目を発生させたり、組立姿勢がきつかったりとさまざまです。検査や組み立ての職種にこの傾向が多いです。鋳造や熱処理工程では暑い環境ですので夏には体力が要ります。